医薬品の営業研修

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 医薬品の営業研修
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
医薬品の営業研修営業研修の大切さ

病気になるとお世話になる医薬品。病院に行くと、診察中にスーツ姿の人がやってきて、看護婦さんに医師の空き時間を尋ねている姿を見かけた事のある人もいるはず。病院の規模だったり、医師の人数などによって、営業の仕方も変わります。その辺を戦略的に攻略しようというのが、医薬品の営業研修です。

営業研修では、最初に他社分析と自社分析をすることが多いようです。医薬品とはいえ、当然ながらライバルメーカーがいます。そして、自社の強み、自社製品の特徴もあります。医薬品は似たような薬でも実は効能が微妙に違っていたりすることがありますので、その違いを営業で伝えられるように整理していくことを最初に行います。

次のステップでは、営業先のニーズを分析します。現在のお客様だけでなく、新規開拓などを考えている場合、まずはヒアリングをして、どういった医薬品を欲しいと考えているかを聞き出していかなければいけません。その辺のテクニックを習得します。

そして、最後のステップでは、ニーズに対して最適な医薬品を提案するプレゼンの方法を習得します。一般的な医薬品営業研修の例ではありますが、他の製品でも共通する部分がありそうですね。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">