営業の決め手、チラシ作りを自分が楽しむ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 営業の決め手、チラシ作りを自分が楽しむ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
営業の決め手、チラシ作りを自分が楽しむ営業研修の大切さ

顧客のところに定期的に伺うだけでは、なかなか契約成立、製品の購入に結びつくのは難しいと感じている人も多いはず。顧客訪問の回数が多いと、顔も覚えてもらえますが、わずらわしく感じられてしまうことがあります。

そこで、営業したい内容をチラシに託してみる、という営業研修がありました。作るチラシの内容は、何かのイベント(例えば、季節ごとの製品特売セール、住宅取得のための税金対策、など)を開催する案内なのですが、シンプルに開催日時・場所、イベントの内容だけを書いたものではなかなか人が集まりません。

よくあるのが、イベントに来ると無料で特典のグッズがもらえるというもの。最近はほとんどのイベントでチラシやダイレクトメールについている引き換え件を持参すると、無料でグッズがもらえるますよね。ですので、目新しさがありませんから、集客効果が得られないことが多くなっています。

営業研修ではチラシを作る重要なポイントとして、企画立案者が楽しみながらチラシを作ることであると説明しています。マイブームであったり、最近面白いと感じたことなど、他愛の無いことをチラシに織り込むことにより、それが参加しようと思うきっかけになったりします。

自分をさらけ出すことになるので、人によっては抵抗を感じますが、現状の営業に行き詰まりを感じている人は、そういった営業研修で学ぶと何か進展があるかもしれませんよ。

Comments are closed.